Diary 2006. 10
メニューに戻る
10月28日 (土)  I.Aさん

10/21〜28までカヌフラの手配をお願いしたI.Aです。

旅行から戻ってからは、ゆっくりモルディブの余韻に浸る間もなく、

旅行中の洗濯や食材の買出しなど、一気に日常の雑務に追われていました。

それもやっと一段落し、コーヒー片手にゆっくりデジカメ画像をPCで見て、

あの夢のような時間を再確認できるようになりました。



私たちは今回 初★モルディブ・初★水上コテージ・初★水上飛行機で

感動の連続でした。

滞在中の現地のお天気は晴れと雨が半々でしたが、リゾート入りの日は

快晴で 水上飛行機から海のグラデーションや島々を見ていたら徐々に

感動の波が押し寄せてきて号泣してしまいました。

隣の席の夫はそんな私にビックリです!

いままでもアジアンリゾートへは旅行してきていますが、モルディブは

別格ですね♪

その最初のホテルがone&onlyで本当に良かったと思います。

部屋専属のバトラー、豊富なレッスン(ヨガ・ピラティス・太極拳など)&

エクスカーション、支配人主催のカクテルパーティー、おいしいお食事など

数え上げたらキリがありません。。。



アイランドピクニックについてですが、現地で予約しましたがその日は

あいにくお天気が悪く、日本人スタッフから部屋に連絡があり、日にち

変更可能とのお話だったので、2日後で再度予約しました。

HPには月〜水曜のみの催行とありますが、その無人島に他の予約が

入っていなければ別の曜日でもOKだそうです。

私はすっかりカヌフラだけの島なのかと思っていましたが、その島は

ホテルゲストが自由に行けるので、よく考えたら無人島ではないですものね。

スピードボートで15分ほどの一周20分ほどの島でした。

ピクニックのお料理も白ワインもとってもおいしかったです!

二人だけの空間でゆっくり読書やシュノーケリングを楽しめて贅沢な

時間を過ごせました。

その日は無人島は快晴でしたが、ホテルは曇っていたそうです。

残念だったのはリゾートにはいなかった蚊がいたこと。。。

念のため虫除けスプレーを持っていって正解でした。

無人島滞在の5時間の間でスプレー半分を使いました。



今回はハネムーン(フルーツバスケット&赤ワイン+スパ80分)と

私のお誕生日(シャンパン&ケーキ+特別ベッドメイキング)の

素敵なプレゼントもあり幸せでした♪



私たちの滞在中のリゾートゲストについては、日本人4組 中国1組 

韓国12組(!) 欧米系半数以上 といった感じでした。

欧米系は家族旅行も7組ほどいて、ラグジュアリーなリゾートの中にも

子供がいることで微笑ましい雰囲気に包まれていました。



ゲストリレーションやダイビングセンターに日本人スタッフが常駐して

いて、もちろんその他のスタッフにも きめ細かい心遣いをしていただき

心も贅沢にリラックスすることができました。



このメールに下記の画像を添付させていただきました。



朝食

サンセットフィッシングで釣り上げた様子

そのお魚をディナーでグリルしてもらったもの

アイランドピクニック

カクテルパーティー



主人と今度はベストシーズンにモルディブへと話しています。

行った方々がモルディブ中毒になるのがわかりました!

私たちも禁断症状がでるころには、また行けるようにモルディブ貯金を

がんばります!

では またの機会もよろしくおねがいします♪

20061028-1.jpg 20061028-2.jpg 20061028-3.jpg



10月22日 (日)  I.AさんA

カクテルパーティ

20061022-1.jpg 20061022-2.jpg 20061022-3.jpg



10月21日 (土)  I.AさんB

魚☆

20061021-1.jpg 20061021-2.jpg 20061021-3.jpg



10月13日 (金)  神奈川県、横浜市、NさんC

2006年9月7日〜9月16日 10日間 モルディブ(バンドス)6泊+スリランカ周遊2泊


さて最終日。
ここからコロンボまではさらに長〜いドライブです。
途中で野菜・果物の屋台に寄り道して一休み。
アリさんとドライバーのソマさんは個人的な買い物をしていたようです。

またまた寄り道。
今度はハンドメイドのテーブルクロスやランチョンマットなどのコットン系の
織物をあつかうお店へ。
アリさんここでもお買い物。
ここではわたしたちもランチョンマットを6枚買いました。(1枚60ルピー)

次の寄り道はカシューナッツの問屋さん。
プレーン味・塩味・ちょい辛味でなかなかおいしかったので、
おみやげにたくさん買ってきました。帰りの荷物が重いこと重いこと。。。

ランチはドライブインのようなところでビュッフェです。
ここでミネラルウォーター(500ml)を購入。
25ルピーの値札がしっかり貼ってあったのに、「70ルピー」と言われ、
これが観光客価格なのか?3倍だよぉ!と不満ながらも1本だけだしまあいいか、と思い直しました。

長いドライブを経て、ようやくコロンボ市内へ。
コロンボはいままで見てきたところに比べるとかなり都会です。

コロンボでは軽く市内観光とお買い物です。
街はちょうど会社帰りの人たちで賑わっていました。
民芸品店へ2件より、バティックなどを購入しました。
その後有名なオデールへ。
ここで自分達の物を購入しようかと思っていたのですが、
あまりの人ごみと1日の疲れで、せっかくきたのに何も買わずに出てきました。

次回のスリランカの旅に期待しようかと思っています。
ほかにもきっとおしゃれなお店はいろいろあるのでしょうね。

夕食は海が見える立派なビルの1Fのビュッフェレストランです。
ここでアリさんがコックに「エッグホッパー」という薄皮の器のなかに玉子をいろんな形で
焼いたものを頼んでくれました。
これはとってもおいしかったです。
スリランカではよく食べるものだそうです。

食後、空港へ行く途中にスーパーマーケットによって紅茶や香辛料を購入。
そしてアリさんがビュッフェにたびたび登場していた薄いせんべいのような皮(油で揚げる前のもの)を
買ってくれました。
私達がそれを好んで食べているのをよく見ていたようです。
本当によく気遣ってくれるいい方でした。

今回のスリランカの旅はモルディブのついでにお試し、のような感覚で3日間周りましたが、
少しスリランカのことがわかって、もっといろんなところを周ってみたくなりました。

ガイドのアリさんはベテランさんということもあり、日本のことも良く知っているし、
本当に素晴らしい方でした。
次回もまたリクエストしたいと思います。ドライバーさんもよくがんばりました。
車での移動時間は長いですが、専用車ということもあり、気楽に旅ができたと思います。

今度は、スリランカのみで8日間ぐらい。。。
でも、モルディブも捨てがたい。お金と時間があればそれぞれ
1週間づつぐらい滞在したいものです。

井上様、また次回、モルディブとスリランカの旅行の手配をお願いしますね。
(いつになることやら。。。

20061013-1.jpg 20061013-2.jpg



10月12日 (木)  神奈川県、横浜市、NさんB

2006年9月7日〜9月16日 10日間 モルディブ(バンドス)6泊+スリランカ周遊2泊


キャンディ市内をとおり、宝石店を見学し、シギリヤへ向かっていきました。
移動時間は長いので、時折、トイレ休憩(きれいなとこ)も入れてくれました。
途中、フルーツの屋台へ立ち寄り、いろんなものを試食させてもらいました。
スリランカはフルーツ天国ですね。
アリさんが私達を気遣って、一番おいしいバナナをたくさん買ってくれました。

長い長いドライブ。

しかし、のどかな風景に癒されます。
たまに眠気が襲ってきますが。。。
車がびゅんびゅん通る脇を犬が。。牛が。。平然と歩いています。

たまに賑やかそうな街もでてきてのどかさと街の喧騒の移り変わりもおもしろいです。

ランチはオープンエアなビュッフェスタイルのレストランでした。
ここではヨーロピアンの団体様もあとからやってきました。
そういえば、これまで日本人観光客にはほとんど会いませんでした。
食事の種類もビュッフェとはいえ、毎回似たものが出てきますが、おいしいです。
観光客用の味付けなのでしょうか。アリさんと食事を一緒にしていると、
おいしいものを教えてくれ助かります。

余談ですが、毎回あたりまえのようにカレーが出てきますので、
まわりのヨーロピアンは「また、カレーか。。。」みたいな感じで、
スパゲッティばかり食べていたようです。

私達はモルディブから続く、ビュッフェの嵐で香辛料を使う食事ばかりしているので
おなかがゆるみがちだったため、ひっそりと毎食後、胃腸薬を飲むようにしていました。
このおかげか、体調は悪くなりませんでした。

食後、スパイスガーデンへ。
このとき雨がひどくなり、ガーデン内をじっくり見ることもなく、
特にスパイスも買わずに出てきました。

ようやくシギリヤへ。
いきなりぽつんと巨大な岩が見えてきました。
この旅ではシギリヤロックに登ることを楽しみにしていました。

これから岩登りするのにはちょうどいい時間と涼しい風でした。
ヨーロピアンの団体様と見られる人たちもいたけれど、
アリさんの進み具合がいいのか、階段で人がごみごみすることなく、スムーズに登っていけました。
中腹のシギリヤ美女のフレスコ画がすばらしい。
以前にはもっと残っていたかと思うともったいないですね。
現存する美女画たちがずっとそのまま保たれるといいですね。

ミラーウォールの落書きを見ながらしばらく進むと、頂上への入り口がある広場へ。

こんな高いところにワンちゃんが。。。。よく登ってきたものです。
ライオンの前足のあいだの階段から頂上へ。ここまでくると風もかなり強く、
上へつづく鉄製の階段は狭くて高所恐怖症の人にはつらいかもしれません。

頂上だけあって、360度の絶景パノラマです。
こんなところに宮殿を造ったなんて、スゴイ!の一言です。。

岩を下るころには夕暮れでした。今夜はここから近いシギリヤヴィレッジに宿泊です。

暗くなってしまったので、ホテル全体はどんな感じなのかよくわかりませんでしたが、
レセプションやレストランなどオープンエアで涼しげでした。

部屋の様子ですが、多少古い感じはしましたが、清潔で使い勝手は悪くありません。
静かでいいコテージでした。

食事はビュッフェで種類が豊富。
おいしくいただきました。暗くてよくわかりませんでしたが、
レストランからシギリヤロックが見えていたようです。

夕食後、疲れた体を癒しにアーユルベーダセンターへ。
ドクターの診察を受け(血圧計っただけ)、
ボディマッサージ・ヘッドマッサージ・スチームバスを受けました。
多少すっきりしました。

20061012-1.jpg 20061012-2.jpg 20061012-3.jpg



10月11日 (水)  神奈川県、横浜市、NさんA

2006年9月7日〜9月16日 10日間 モルディブ(バンドス)6泊+スリランカ周遊2泊


そしてスリランカ。3日じゃあ物足りない。。。。
モルディブ&スリランカの予約をするころから、スリランカ情勢がちょっと気にはなって
はいたのですが、実際に行ってみるとまったく緊迫した雰囲気を感じませんでした。

というか、危険な地域にわざわざ観光で足を踏み入れるようなことはないのでしょう。

バンドスを朝7時30分に発ち、マーレで1時間30分の遅れでコロンボに着きました。

まず、コロンボの空港に着いておどろきました。
以前トランジットで立ち寄ったときより近代的で広くきれいになっていました。
(出発ロビーあたりは代わり映えないような。。)

ポーターにつかまらないように、バゲッジクレームからさっさと荷物をもって両替を済まし、
いそいで出口へ進み、やっとガイドのアリさんに会いました。
たいへん紳士的な方で、日本語も流暢でした。 

天気はというと、やはりこちらも雨季で時折ちらっと雨が降ることもありましたが、
3日間おおむね曇りがちで、帽子もまったくかぶることなくぜんぜん暑さを感じませんでした。
(私はずっと薄手の長袖パーカーを着ていました。)

私達にとってははじめてのスリランカなので、キャンディまでのドライブは長かったですが、
外を眺めているだけでも楽しかったです。
(スリランカ人の車の運転にはややびびりました。。。)

走る車はほとんどが日本の中古車で、店名や学校名、会社名など日本で使われていた形跡が
そのまま残っているのにも微笑ましく思いました。

この日は、キャンディへの移動途中、ランチのかわりに軽く喫茶店?でお茶をし、
キャンディダンスを鑑賞しました。ダンスのあとに外で火渡りやファイヤーダンス的な
ものも見ました。

あっという間に外は暗くなり、そのまま1泊目の「アマヤヒルズ」へ向かいました。

その道中は「どこつれてくねん」みたいな暗い山道をひたすらくねくね登り、
しばらくするとやっとホテルのエントランスへ。

かなり高台にあり、涼しくてとても素敵なところでした。
部屋の内装もかわいいです。たった1泊なんてもったいない!と思わせるホテルです。

食事のビュッフェも種類が豊富でおいしかったです。

翌日、仏歯寺へ。多くの方が参拝に来ていました。
日本を含め、さまざまな仏教国からの仏像や釣鐘が寄与されていました。
仏歯寺は日本の寺より地味でなく、タイの寺よりも派手ではない所がいい感じです。

20061011-1.jpg 20061011-2.jpg 20061011-3.jpg



10月10日 (火)  神奈川県、横浜市、Nさん@

2006年9月7日〜9月16日 10日間 モルディブ(バンドス)6泊+スリランカ周遊2泊


今回、モルディブは5回目ということで、毎年どこにしようか迷ってしまうのですが、

基本的にはダイビングをするのでそれに適した島をさがし、「リーティー」にしよっ!
と思っていたら取れなかったので第二候補の「バンドス」にしました。

どちらも人気のリゾートのようですね。
ダイブバンドスのえい子さんが「ずっと満室状態で予約とりづらいらしい」と言ってました。

バンドスは大きい島でファミリーが多い、とのことでいままでいったことがないタイプの
リゾートでやや心配。。だったのですが、大きい島でも毎回行動パターンが決まっている
ので(特にダイバーは)大きい島でも問題ないなと思いました。

今までは、4回とも水コテージに泊まっていたのですが、
今回はじめてビーチビラに泊まりました。
新しくきれいで、おしゃれでした。
ジャグジーもあったのですが、お湯をはるのに時間がかかり、
溜まったころには冷めてしまったので使ったのは1度きりでした。

1Fがリビングで2Fがベッドルームなのですが、たまに2Fへいくのがめんどうに感じました。

毎日部屋にはフリーの2L(1.5?)のミネラルウォーターが補充されました。

部屋の位置はメインレストランとダイブバンドスの間のややレストランよりだったので、
移動は楽でした。

レストランといえば、毎食メインレストランのビュッフェで他のレストランは使いません
でした。
味は特別おいしいとかまずい、ということはなく普通でした。

ビュッフェには私達の大好きなアイスクリームがなかったので、バーなどでいただきました。
4scoopで$5でした。さすがに4scoopを一人で食べるには多かったですが、完食。

毎年同じ時期にモルディブに来ているのですが、いままで雨が降っても何分間かのスコール
ぐらいでほとんど晴れていたのですが、今回、初日から3日間ぐらいはずっと雨。
というか、時々嵐のような天候でした。

部屋置きの傘がなかったため、朝レセプションに頼んで持ってきていただいたのですが、
レストランに食事に行った際、レストランの外においていたためか、
他の方にとられてしまいました。
おもわぬ豪雨と満室状態のバンドスではみんなに傘が回らなくて部屋まで
濡れて帰ることもありました。

ダイビングはこの天候だとボートダイビングは中止になったりもしていましたが、
ハウスリーフはエントリーするあたりの海中からロープが張ってあり、
波があってもそれをつたっていけたので問題なく潜れました。

滞在中はボートダイブもふくめ7本しか潜れませんでしたが、
ダイブバンドスのえい子さんや同時期に一緒に潜った日本人ダイバーさんたちと
楽しく過ごせてよかったです。

バンドスは旅行代金の安さのわりに、たいへんサービスは良いと思いました。
また行ってもいいかも。。。。

20061010-1.jpg 20061010-2.jpg 20061010-3.jpg



2006/10
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月